日常生活の中の災害時役立つもの「台所にある保存食」

ジャムや、カップラーメン、パスタ、干しブドウ、カツオ節など、皆さんのキッチンには、たくさんの保存食がみつかります。昨今の自然災害などから、日頃からの防災活動の準備が大変大切であることが認識できたのではないでしょうか?昨今の地球規模による気候変動は、皆さんの生活にも大きな影響を与えています。自宅にある「保存食」を覚えていおくだけでも、いざという時のために、生命をつなぐ大切な防災グッズに変身してくれますよ。では、台所にありそうな保存食をいくつかピックアップしてみますね。●ジャム●カップラーメン●パスタ●干しブドウ●カツオ節●ハム●缶詰め類●お漬けもの●小麦粉●卵●海苔 など、台所には、たくさんの保存のきく食料があります。真夏の高温の中では、保存が難しいものもありますが、ある程度の冷所に保管できれば、保存ができる食品ばかりです。このような保存性の高い食品を、あらかじめリストアップしておけば、万が一の時に、使い分けができそうですね。自然災害では、停電などの心配も考えられます。冷蔵庫の電源が切れてしまった倍は、腐り易いものから、調理しておいてある程度の食料を保存できるようにしておきましょう。長期保存ができる食料に関しては、優先順位と後回しにして避難などが長期化してしまう可能性に備えるようにしましょう。また、冷蔵庫の電源が切れてしまった後に、腐りかけた食品を誤って食べてしまうと、お腹を壊す原因となりますので、無理して食べてはいけません。お腹を壊す事で、脱水状態などになってしまい、十分な医療や水分の補給ができなくなってしまうと、生命の危機に繋がってしまう事も考えられます。皆さんの日常生活の中で、災害時に利用できるような保存食をみつけたら、リストアップしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*