「チーズ」「バター」

チーズやバターは、好きですか?毎日の欠かせない食料品として、皆さんの冷蔵庫に常にある食品ではないでしょうか。皆さんは、チーズやバターを、スーパーなどの食料品店から、購入されてくるのではないかと思われますが、チーズやバターは、その昔、保存食として、各家庭で作られていた時代があったようなのです。日本に、チーズやバターが伝来したのは、飛鳥時代や奈良時代ではないかと言われていますが、かなり古くから伝えられていたようですが、その後は、姿を消したり現れたりと日本の歴史の中でフェードアウトしながら、その存在が再び明るみ出たのは、明治時代頃であったようです。ハムなどの製造も、古来から伝来はしていたものの、再び、表にその存在が現れたのは、明治時代の頃からのようですので、明治時代は、日本が画期的に飛躍した歴史の中での大きな分岐点であるのかもしれませんね。現代の日本では、スーパーや、デパート地下の食料品売り場などで、チーズやバターを購入する事ができ、家庭で手作りするような風習や文化は残っていませんが、ヨーロッパなどでは、家畜の乳を発酵させて、チーズやバターを保存食として家庭で手作りでしていたような歴史が残っているようなのです。家畜の乳を、チーズやバターなどに加工する事で、腐らせずに食料として長期保存が可能になったようです。人間の知恵とは、なんとも賢いものなのですね。食べ物の保存は、人間歴史を築きあげていく上で、大変重要な役割を果たしています。現代のように、地球上に多くの人間たちが活躍できている事も、保存食のおかげであります。皆さんは、チーズやバターを、お金を出せば、当たり前のように食べられる時代に生まれていますが、チーズやバターなどの保存食は、その昔の人々の生命を支えていてくれた大変ありがたい食べ物なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*