衝動買いを誘う商品

例えば居酒屋で料理を頼んだあとに、ポテトサラダや枝豆といったちょっとした小皿を注文したくなったりするそうです。
これは衝動買いともいえるもので、多少割高でもお客様は買ってくれたりするそうです。
お客様の衝動買いを誘う方法として、小鉢やスナックのようなものを写真付きで載せておくのも良いようです。
食事のあとのケーキも小さいものやお菓子をついでに食べてもらえるような構成ができたらいいようです。

メインの他に衝動買いをしてもらえたら、お店としては利益になると思います。
衝動買いをしてもらえそうな料理のサンプルなどを置いておくのも効果的だそうです。

 

衝動買いメニューというのを開発する場合は、居酒屋なら居酒屋、カフェならカフェの一番ポビュラーなものを商品が良いそうです。このとき、低価格で提供することをしなければならないということです。

例えばカフェならケーキやアイスクリーム、和食屋なら肉じゃが、洋食屋ならスープのようなものだそうです。

その商品の差別化を図る必要もあるそうです。
衝動買いというのは、特別なものを買うというわけではないそうです。
店のイメージから、せっかくだからアイスクリームでも食べようとかそういうものがいいそうです。

またどこにもないような珍しい一品やトレンドの商品というのも良いようです。
お値打ち品というのも良いようです。値段をとても抑えることが出来るというものが良いようなのですが、よその店に負けない価格というのも考えなければならないようです。
巷で話題になっているというのもいいようです。
小皿でちょっと、そして安いということだとお客様のお財布の紐は緩んでくれるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*