話題性が大事

たとえばどこのお店でお菓子を買うかを決めるときに、「徳川家康が好物だったお菓子を出す店」という文言があると興味を持って、その店に決める可能性は高くなると思います。
口コミも大事だということで、そういった物語性があると口コミもしやすくなるようです。

また激辛の食べ物や大盛りの店というのも口コミになりやすいと思います。
そして一番の宣伝はテレビに出ることだそうです。
テレビで話題になると、人は興味を持ってくれるそうです。
美味しいから並ぶというよりも、話題に行列を作るといってもいいそうです。

 

ただテレビで紹介されたといって並んでも、そこに感動がなければ一過性のものとなってしまうそうです。
テレビの効果というのは一ヶ月ぐらいだという人もいます。
繁盛するためには、来てもらったお客様を感動させないといけないということのようです。
超激辛、超破格ということのように奇抜なことに飛びついたとしても、定着はしないようです。
また、高齢者や女性客にはあまり奇抜なことは人気が出にくいということもあるようです。

物語性は必要ですが、その物語は奇抜であってはいけないようです。
テレビで紹介されて一時期人気は出てけれど、お客様が定着しないということになると、メニューに何かしら難点があるという場合もあるようです。美味しくないというのは論外ですが、せっかく料理に物語性をもたせても、メニューの名前がちぐはぐだったり、店の雰囲気がかけ離れていたりではお客様を混乱させるばかりで定着はしないと考えた方がいいようです。
メニュー開発の際にはストーリーに関係した食材を使うのも良いようです。
名前もストーリーに沿った名前にして、メニューブックに料理の解説が載せられるほどに、ストーリーがあることが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*