思い込みで失敗する場合

商売をはじめるとき、お客様に良い商品を提供したいと考えていると思います。
商品開発にも力が入って誰もが喜ぶというものを作り上げて、お客様にも大好評となって経営も起動に乗るというのは理想だと思います。

 

例えば、たまたま食べたお店でとても美味しいものがあって、それを作って売り出したいとか、家で食べているものがとても美味しくて大ヒットする自信があるということもあるかと思います。
それで一生懸命習得し、原価計算もしてメニューとして利益も見込めるということで、売り出したりすると思います。
お客様にも大好評で口コミに乗り大ヒット、次の店舗の話も持ち上がるということもあるかと思います。

けれど、なぜか店主がお店にいないときは、お客様からの評判がすごく悪くなったという話もあるようです。
例えばその店主が作らない日は、料理がとても臭いという苦情があがったりするそうです。
その理由としては、店主だけがその料理の作り方を習得していて、臭みのとり方がとても難しかったということもあるようです。
店主以外が料理を作れないと、どんなに売上が上がっても、臭い料理を出すわけにいかないので出せる数量には限界があるそうです。

原価を考えると、バイトやパートに教え込む時間が経費として出ないということもあるかと思います。
お店を大きくしたいとか、儲けをどんどん出したいという場合は、そういうメニューは結果的に断念しなければならないといことも考えられます。
スープが無くなれば営業をしないという方法もあるかと思います。
そこに特別性を感じられて、行列が出来る場合もあるかと思います。

バイトやパートに修行させても、その味で勝負するかどうかは、儲けが出るかどうかを考えて決めた方がいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*