ネーミングが売上を左右

今、新しい食べ物というのがなかなかないような気がします。
外国産の珍しい食材というのも、最近は身近になってきたと思います。
パクチーが大流行したり、チーズたっぷりが大受けしたりと、それなりに流行はあるかと思います。
とはいえ、新しい食材や食べ方の開発もなかなか難しいと言われています。

そんな中、ネーミングで差別化を図るという方法があるといいます。
ストロングとつけたら缶チューハイが大ヒットしたということと同じように、同じものを提供するにも、インパクトの強い名前をつけることでお客様の興味を引くということもあると思います。
いくらインパクトを強くしようとしても、あまりにも料理とかけ離れた名前をつけてはいけないそうです。
名前を聞いただけで「食べてみたい」と感じさせるものを考えなければならないそうです。

商品名は、その生産者・販売者のコンセプトと商品のイメージからネーミングするものだと思いますが、これで他店との差別化できるかどうかも考えて行かなければならないそうです。
どんな分野でもネーミング合戦ということになっていると思います。

商品の名前とそれに連想されることなどでお客様は注目していくと思います。
ストーリー性も感じられるものが思いつけばとても良いと思います。
○○さんちのお米など、生産者の名前をつけるのもお客様の興味を引くと思います。
また歴史上の人物の名前をつけるのもいいと思います。信長丼など無限に考えられると思います。
地名をつけるのもいいかと思います。勝浦ラーメンというふうに地元と連携して名物を作っていくのもいいかと思います。

料理法などでもいいかと思います。チーズと合う○○というふうに料理が連想できるとお客様も選びやすくなると思います。